在宅酸素療法

酸素は肺や心臓をはじめ、あらゆる臓器の働きに関与しています。

肺・心臓・肝臓・腎臓など、体の中の臓器が働くためには、エネルギーが必要です。私たちは、食べ物を酸素で燃やすことによってエネルギーを作り出し、生命活動を維持しています。

酸素はエネルギーの産生、生命の維持に不可欠なのです。酸素が不足すると、下記のような症状が現れてきます。

  • 胃腸の働きが悪くなる
  • 眠れない
  • 動悸・息切れがする
  • 疲れやすい
  • 体がむくむ
  • イライラする など

酸素が取り込めなくなる病気

酸素は、呼吸によって体内に取り込みます。呼吸機能がうまく働かないと、体の中に酸素を十分に取り込めなくなります。このような状態を呼吸不全と呼び、病状が1ヶ月以上に及ぶ場合を慢性呼吸不全と言います。

慢性呼吸不全を引き起こす主な呼吸器の病気には、COPD(慢性閉塞性肺疾患)や肺結核後遺症、肺線維症(間質性肺炎)、肺がんなどがあります。

在宅酸素療法とは

慢性呼吸不全が進行すると、呼吸困難によって日常生活に大きな支障をきたすようになります。また血液中の酸素が不足したままの状態が長引くと、肺以外の臓器に負荷がかかり、高血圧や心不全、脳卒中、狭心症、急性心筋梗塞などの合併症を引き起こす危険が出てきます。

そこで、慢性呼吸不全の原因となった病気の治療と同時に、在宅酸素療法(HOT:Home Oxygen Therapy)によって酸素の足りない状態を改善します。在宅酸素療法を行っている患者さんの内訳としては、COPDが45%、肺線維症・間質性肺炎・じん肺等が18%、肺結核後遺症が12%程度と、呼吸器の病気がほとんどを占めています。

在宅酸素療法は、病状は安定しているものの血液中の酸素が不足している方が、ご自宅などの医療機関以外の場所で、不足している酸素を吸入する治療法です。自宅に酸素供給機を設置し、必要時あるいは24時間にわたり、酸素吸入をします。

在宅酸素療法は、息切れなどの自覚症状を改善し、慢性呼吸不全患者の生命予後の改善などに役立ちます。また家庭での酸素投与によって在宅療養や社会復帰を可能にし、生活の質(QOL)を高めます。酸素吸入により心臓をはじめとする諸臓器を低酸素状態から守り、寿命を延ばす効果も実証されています。
現在、全国で10万人以上の方が、ご自宅で酸素吸入をしています。

在宅酸素療法には健康保険が適用されます

下記の疾患で一定の条件を満たした場合には健康保険が適応されます。

対象疾患

  1. 高度慢性呼吸不全例
  2. 肺高血圧症
  3. 慢性心不全の対象患者
  4. チアノーゼ型先天性心疾患

ご予約・ご相談はお気軽に

内科のことでお悩みでしたら、京成立石駅前にあるかが内科クリニックまで。
まずはお気軽にお問い合わせください。

03-3693-3266 京成立石駅より徒歩0分