呼吸器内科

呼吸器内科とは

肺や気管支、胸膜など、呼吸器に関する疾患や症状を診療する科目です。 当院では、風邪、咽頭炎、扁桃炎、気管支炎、肺炎などの急性の呼吸器感染症から気管支喘息、COPD(慢性閉塞性肺疾患)、慢性気管支炎、肺結核後遺症、気管支拡張症などの慢性の呼吸器疾患などの診断・治療・管理を行っています。

せきが長引く、痰が切れにくい、動くと息切れがする、胸が痛むといった症状のある方は、呼吸器の病気が隠れている可能性がありますので、早めのご受診をお勧めいたします。
当院では、病気のあらゆる可能性を考えながら的確な診断をし、患者様にとって最適な医療をご提供するよう、心がけております。

気管支喘息

気管支喘息は、空気の通り道である気道に炎症が起きる病気で、“ゼイゼイ”“ヒューヒュー”という喘鳴(ぜんめい)が症状の特徴です。
気管支喘息の患者様の気道は過敏になっていて、アレルゲン(ダニ・ハウスダストなど)やウイルス、タバコや冷たい空気などの刺激が加わると、気道は狭くなります。気道が狭くなると、せきが出たり息苦しくなったりします。

詳しく見る

長引くせき

風邪やインフルエンザをはじめとする感染性疾患の場合、せきが8週間以上(2ヶ月)以上続くことは、ほとんどありません。こうした場合に何が疑われるかと言えば、やはり呼吸器疾患です。呼吸器疾患はせき症状を呈することが多く、これが8週間以上続いたら、アトピー咳嗽、咳喘息や気管支喘息、上気道咳症候群などが疑われますので、早めの受診をお勧めいたします。

詳しく見る

COPD(慢性閉塞性肺疾患)

COPDは、タバコの煙などの有害なガスを長い年月にわたって吸い込むことによって、空気の通り道である気道(気管支)が狭くなったり、気道の先端にある肺胞(酸素と二酸化炭素の交換を行う組織)が壊れたりしてしまう呼吸器疾患です。そのため、酸素を吸って二酸化炭素を排出する「ガス交換」の効率が悪くなり、息切れが起こるのです。COPDの進行はゆっくりではありますが、一度壊れた肺胞は元には戻りません。

詳しく見る

睡眠時無呼吸症候群

いびきが大きく、しかもその途中で時々呼吸が止まる――ご家族などから、そんな指摘をされたりはしていませんか?そんなケースでは、睡眠時無呼吸症候群(SAS)が疑われます。
睡眠時無呼吸症候群とは、睡眠時に呼吸停止、または低呼吸を起こす病気のことです。睡眠中に呼吸が止まり、十分な睡眠が得られないことによって日中の眠気を催します。

詳しく見る

ご予約・ご相談はお気軽に

内科のことでお悩みでしたら、京成立石駅前にあるかが内科クリニックまで。
まずはお気軽にお問い合わせください。

03-3693-3266 京成立石駅より徒歩0分