睡眠時無呼吸症候群

睡眠時無呼吸症候群

いびきが大きく、しかもその途中で時々呼吸が止まる――
ご家族などから、そんな指摘をされたりはしていませんか?そんなケースでは、睡眠時無呼吸症候群(SAS:sleep apnea syndrome)が疑われます。

睡眠時無呼吸症候群とは、睡眠時に呼吸停止、または低呼吸を起こす病気のことです。睡眠中に呼吸が止まり、十分な睡眠が得られないことによって日中の眠気を催します。
睡眠時無呼吸症候群では、主に下記のような症状がみられます。

  • いびきがうるさい
  • 日中の眠気がある
  • 朝起きると体が重い

症状としてはほかに

  • 倦怠感
  • 熟睡感が無い
  • 起床時の頭痛
  • ED(勃起不全)
  • 夜中に何回もトイレに行く

――などがあります。

簡易検査

上記のような症状に心当たりのある患者様には、SASの「簡易検査」をお勧めしております。お貸し出しした専用機器を使って、ご自宅で検査を行っていただき、当院で解析いたします。SASの診断、および症状の程度を測定するための検査です。

口と鼻に呼吸センサーを、指に血中酸素濃度を調べるセンサーを取り付けて一晩就寝していただき、時間当たりに10秒以上の無呼吸・低呼吸が何回生じるか、また同時に血中酸素濃度の低下が起こっているかどうかを調べます。

睡眠時無呼吸症候群を放置しない

睡眠時無呼吸症候群は、きちんと治療しないと、交通事故、高血圧や糖尿病、心疾患や脳卒中などを招く確率が大幅に上昇しますし、職業や家事などの私生活に何かと悪影響が出がちですので、放置するのは禁物です。

CPAP療法による治療

治療の主流は、「CPAP療法」という方法です。
睡眠時無呼吸症候群は8年間放置すると、なんと死亡率が約37%になるという報告もあり、繰り返しになりますが、軽視すると怖い病気です。

しかしCPAP療法※などできちんと治療すれば、健常人とほとんど生存率は変わらないと考えられています。
家族や友人から、睡眠中の大いびきや呼吸の一時的停止を指摘されたことは無いでしょうか。もしあるとしたら、睡眠時無呼吸症候群の可能性が疑われるので、専門医への受診をお勧めいたします。

CPAP療法(Continuous Positive Airway Pressure=経鼻的持続陽圧呼吸療法、通称シーパップ)
鼻に装着したマスクから圧力を加えた空気を送り込むことによって、ある一定の圧力を気道にかけ、気道の閉塞を取り除く治療法です。
中等症から重症の患者様にとても効果的で、今や睡眠時無呼吸症候群の最も重要な治療法となっています。

ご予約・ご相談はお気軽に

内科のことでお悩みでしたら、京成立石駅前にあるかが内科クリニックまで。
まずはお気軽にお問い合わせください。

03-3693-3266 京成立石駅より徒歩0分